an&rea&juncoの『☆3つ~!』なブログです。


by an-junco
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

パーティー行かなあかんねん。

『BATER』って綴りだったのか。。。

概要
1995年4月9日に放送されたスペシャルに初登場以来、全23回(総集編などでの再放送除く、2001年10月5日『ダウンタウンのものごっつええ感じスペシャル』で放送された『Mr.BATER2001』を含めると24回)放送された。外国人Mr.BATER(松本人志)が毎回様々な店舗に出向き、そこの店長(今田耕司)とのやりとりを描いたコントである。尚、名前のBATERはベタなボケをするいうところからの命名だと思われる。

基本的には毎回、店舗が舞台となるのだが、例外的に歯科医院など店舗以外が舞台となることもある。

内容
Mr.BATERの設定はオクラホマ州出身で片言の日本語(関西弁)を話す外国人で、パーティーへ出席するための道具を揃えるために毎回、「ちょっとええかな?」と一言訪ねては様々な店舗に訪れる。

店長は第一回目では喋っていたが、以降一切口を聞かず(ある回では「END」と出た後そのまま番組オープニングへ続き、その部分で店長が「バカヤロー」と叫んでいた。また、ある回では最後の「END」のところで「助けてくれ」と言っている)、いつも注文とは異なるもの(注文されたものに近い名前・音の響きのもの、ダジャレ)を持って現れる。

毎回、Mr.BATERは「パーティー行かなあかんねん」と言いながら店舗を訪れ、何も用意しようとしない店長に向って突然キレ(目的の商品に求める3大条件を提示し、その3つめでキレるのが多い。)、「○○(その回によって異なる)早よ持って来ぉ~い!!」と言い放ち、それを聞いた店長は店の奥に行き(店の種類に関わらず)インディアンの衣装と斧を持って来る。Mr.BATERはその衣装を身に着けインディアンの真似をした後に突っ込む、ノリ突っ込みをする。これは第一回目の舞台が紳士服店でジャケットを頼まれた店長がインディアンの衣装を持ってきたというボケを踏襲している。

その後、その店舗に合った商品を注文し、違うものを持って来るというやりとりが数回行われ、最後にはその商品名などを織り交ぜた替え歌を歌いながら店を出て行き、「二度と来るか!」とキレて終わる。

またやりとりの最中、違うものを持ってこられノリツッコミをしたあと、Mr.BATERによって、店長役である今田のプライベート(?)を、あることないこと暴露されるのが定番となっている。松本の作り話でとても不名誉なことを言われた今田が、収録後即座に半ギレで松本に「言うてええことと悪いことあるんじゃー!」と怒鳴った回もあった。

来店した店舗 カッコ内は放送日
紳士服店(1995年4月9日)
寿司屋(4月23日)
床屋(5月7日)
歯科医院(5月21日)
靴屋(6月18日)
メガネ店(7月9日)
ジュエリーショップ(7月16日)
生花店(8月13日)
酒屋(9月3日)
薬局(9月17日)
傘屋(9月24日)
コーヒーショップ(10月15日)
ケーキ店(10月22日)
医院(11月12日)
玩具店(11月26日)
青果店(12月10日)
電器屋(12月24日)
スポーツショップ(1996年1月14日)
鮮魚店(2月4日)
生肉店(2月25日)
和菓子屋(3月10日)
レンタルビデオ店(3月24日)
パン屋(4月14日)
和菓子屋(2001年10月12日『ダウンタウンのものごっつええ感じスペシャル』Mr.BATER2001・1996年3月10日の和菓子屋とは別)
総集編傘屋再放送(1996年9月29日)
総集編Mr.BATERダイジェスト(1997年1月26日)
総集編コーヒーショップ再放送(1997年10月26日)
[PR]
by an-junco | 2006-03-07 16:23 | 日記